伝説のポケモン グラードン・ゲンシグラードンの特性と進化まとめ

ポケモンオメガルビーアルファサファイア、伝説のポケモン グラードン・ゲンシグラードンの特性と進化のまとめです。(ポケモンオメガルビーアルファサファイア攻略研究所)

  • 【グラードン】
グラードン

雨雲を吹き払い、光と熱で水を蒸発させ、大地を広げたといわれているポケモン。
カイオーガとの死闘の末、地下マグマの中で長い眠りについたといわれている。

ポケモン名 分類 タイプ 高さ 重さ 特性
グラードン たいりくポケモン じめん 30.5m 950.0kg ひでり
ゲンシグラードン たいりくポケモン ほのお じめん 5.0m 999.7kg おわりのだいち

グラードンがゲンシカイキすると、ゲンシグラードンになる。 グラードン・カイオーガだけができる「真の力の覚醒」、ゲンシカイキの条件はまだ分かっていない。

  • 【ゲンシグラードン】
グラードン

攻撃と特攻の種族値が高まりステータスがパワーアップする。

特性が「ひでり」→「おわりのだいち」に。

「おわりのだいち」では天気を「ひざしがとてもつよい」状態にすることができ、他のポケモンに天気を変えられることがない。

「おわりのだいち」と「ひでり」の違いは天気の持続力。
「おわりのだいち」はゲンシグラードンが場に出ている間はずっと続き、手持ちに戻すと天気はすぐ元に戻る。
他の特性「ひでり」と「あめふらし」「すなおこし」「ゆきふらし」は、発動してから5ターン経つと、ポケモンがバトルに出ているかどうかを問わず、天気は元に戻る。

※この「ひざしがとてもつよい」状態の特徴
・特性「ひでり」による「ひざしがつよい」状態と同じ効果を、ポケモンやポケモンの技に対して与える。
・技「あまごい」「にほんばれ」「すなあらし」「あられ」が失敗する。
・特性「あめふらし」「ひでり」「すなおこし」「ゆきふらし」が発動しなくなる。
・みずタイプの攻撃技が無効になる。

技「だんがいのつるぎ」

「だんがいのつるぎ」はグラードンだけが使える技。
じめんタイプの技で、複数の相手に攻撃する事ができる強力な技。